キャッシングを主婦が利用するには

2014年11月27日
管理人

主婦をしていると日常生活の中で食費や冠婚葬祭、近所付き合いなど急にお金が必要になるときがありますがご主人の給料日までの一時的なお金を借りる方法としてキャッシングを利用する方法があります。
キャッシングを主婦が利用するとき、パートやアルバイトをしている兼業主婦と専業主婦でキャッシングできる会社に違いがあり、専業主婦が消費者金融を使ってキャッシングをするときは総量規制の制限を受けるので年収がなければ利用できませんが、パートやアルバイトをしている兼業主婦ならたとえ数万円でもちゃんとした定期収入があるので、安定した収入と認められ、消費者金融、銀行のどちらでもキャッシングができます。
年収のない専業主婦が消費者金融を利用したいときの方法としてご主人と相談し、ご主人の収入証明書で融資を受けられますが、名義はご主人になるため審査でご主人の勤務先に在籍確認の電話がはりいます。
キャッシングを主婦が本人名義で利用したいときは専業、兼業にかかわらず銀行を利用したキャッシングは総量規制に影響を受けないため年収が有るなしにかかわらず、銀行の審査にとおれば本人名義でキャッシングができます。
銀行カードローンは金利も低く安心感もある代わりに審査が厳しいといわれていますが、専業主婦を対象としたサービスをおこなっている銀行もあり、三菱UFJ銀行の「バンクイック」は融資限度額30万円まで、イオン銀行の「BIG」は50万円までの融資限度額で利用できます。