モビットのメリットとデメリットを知りたい!

2015年4月5日
管理人

最近よく目にするのは、モビットの竹中直人と夏菜のCMです。大きなネクタイのCMが印象に残っています。
モビットは、消費者金融の中でも、三井住友銀行グループの傘下に入っている、銀行系消費者金融です。しかし、銀行は経営とは直接関係がないので、総量規制の対象になっています。ですから、個人の借り入れは、年収の3分の1以下でなければならないと、法律で決められています。
モビットといえば、2012年から始まった、WEB完結型申し込みサービスですね。皆さんはこのサービスについてはご存知でしょうか?
テレビや広告のCMでも盛んにやっていますよね。このサービスは、文字通り、全ての手続きがインターネット上で完了できるシステムです。ちなみに当時は、申し込みから借り入れまでの全ての手続きが、パソコン一つでできてしまうという、画期的なサービスとして、業界初の試みとなり、注目されていたのです。さらに、このサービスを利用すると、審査の際の、電話での在籍確認が必要ないのです。「会社には電話されたくない」と思っている方は、是非利用したいサービスでしょう。また、電話や郵便物が一切ないので、「電話も郵便物もないほうがいい」と思っているような、面倒なことが好きではない方にも、おすすめです。
しかし、このWEB完結型申し込みサービスは、利用条件があり、パソコンからでしか、利用できなくなっているという、デメリットもありますので、ご注意ください。
モビットの金利は4.8〜18.0%です。これは、消費者金融の中でも、高めの設定になっているので、安い金利を好む方にはあまり、適していないかもしれません。
しかし、モビットの審査時間は最短30分で完了することが可能です。これは業界でも最短となっており、モビットではインターネットで事前申し込みをしておくことができるシステムになっているのです。これを行うことに寄って、モビット 体験談を速めることが可能なのです。ですから、スピード重視の方には是非お勧めしたいサービスです。

Posted in: ローン
タグ:

 

消費者金融で借り換え〜モビット〜

2015年3月13日
管理人

三井住友銀行グループの「モビット」は、年利4.8%〜18.0%と良心的な金利設定で限度額も最高500万円と消費者金融ではトップクラスです。

上限金利だけをみるとけっして低いとはいえない金利設定ではありますが、下限金利は銀行ローン並みの低金利となっていること、また最高融資額の高さから他社からの「借り換え」や「おまとめローン」としても人気があります。

モビットには「カード申込」と「WEB完結申込」の2種類の申込み方法がありますが、WEB完結申込みを利用すれば電話連絡&郵送物なしなので誰にも知られずカードローンを作ることが出来ます。

ちなみに、WEB完結申込はパソコンだけでなく、スマートフォンからも申込み可能となっているので、急いでいる時にも仕事の休憩時間や移動中などちょとした隙間時間を利用して申込みすることも出来、非常に便利です。

また、審査もスピーディーに行われるため最短30分で結果を受取ることが出来ますし、平日に契約した場合、14:50までに振込みキャッシングを申込めば最短3分で指定した口座に振込みしてもらうことも可能なのでピンチの時に助かりますね。

モビットは、抜群の知名度と安心感さらに、セブン銀行ATMやイオン銀行ATM、プロミスATMなど全国に100、000台以上ある提携ATMでも入出金ができるなど利便性の良さにも定評があります。

急にお金が必要になったという方のみならず、多重債務で苦しんでいてお先真っ暗!なんとか一本化して金利を減らしたい&月々の返済額を減らしたいという方も、低金利&高額融資可能なモビットはオススメです。

 

借りる前に知っておきたい消費者金融の仕組み

2015年2月5日
管理人

急な出費という言葉があるように、お金というものは突然必要になるものです。手持ちのお金がどうしても足りず、仕方なく借金をすることにしたという場合に、どこで借金をするかはとても重要です。

消費者金融の仕組みについてあらかじめ知っておくなら、安心して利用することができます。

消費者金融で主に利用されているのがカードローンです。カードローンとは、カードを使ってATMから限度額内で自由に借り入れと返済ができるサービスのことです。

消費者金融に申し込みをするとまず審査が行なわれますが、審査に通ってカード発行されれば、それ以降は限度額範囲内で自由に利用できます。

では、カードローンの限度額はどのように決められるのでしょうか?

消費者金融には総量規制という法律が課せられています。総量規制とは、個人の年収の3分の1を超える額を貸し付けてはいけないという規制のことです。ですから、限度額は個人の年収によって異なります。

ほとんどの消費者金融は、信用情報機関の情報をもとに審査を行ないます。申込者が提出した個人情報で現在の支払い能力を確認し、信用情報機関の情報をもとに過去に滞納履歴や金融事故がないかを確認します。

現在の収入や他社からの借り入れの有無、過去の履歴を総合的に見て信用できると判断されれば、審査を通過できます。

消費者金融を利用するにあたって大切なのは、信用です。消費者金融にまつわる様々なトラブルについて聞くことがありますが、無理のない計画と確実な返済を続けるならトラブルに巻き込まれることはありません。

借りたものは返すという、社会人として当然の責任を果たすことで消費者金融を安全に利用することができます。

 

アイフルのおまとめローン

2015年1月31日
管理人

アイフルのおまとめローンは貸金業法に基づくおまとめローンで、アイフルを初めて利用する方の「かりかえMAX」とアイフルを利用中、利用した事がある方の「おまとめMAX」との二つのローンが用意されています。

かりかえMAXは金利が年12.0%〜17.5%、おまとめMAXは金利が12.0%〜15.0%となっていて、アイフルユーザーの方ですと銀行カードローンなみの上限金利で利用できるというのが特徴です。

おまとめローンというと東京スター銀行のおまとめローンや銀行カードローンでのおまとめ利用を思い浮かべる方が多いかと思いますが、やはり銀行おまとめローンは審査が厳しいですし、銀行カードローンも借入件数や借入れ額によっては審査が厳しくなりますから、魅力的な金利とはいえ誰もが利用できるわけではありません。

その点消費者金融のおまとめローンでしたら、銀行のおまとめローンやカードローンよりも審査は柔軟ですし即日とはさすがにいきませんが、審査も早めな傾向です。

とはいえ、消費者金融は金利が高く、金利が高いとおまとめする意味があまりなくなってしまうという問題点がありますが、このアイフルのおまとめMAXでしたら中でも比較的低金利ですから返済額の圧縮につなげる事ができるのではないでしょうか。

返済期間も最長10年と長い期間で組む事ができるため、毎月の返済負担をぐっと少なくすることもできます。

もちろん、返済期間が長くなればなるほど最終的な利息が大きくなってしまうというデメリットはあるのですが、毎月の返済負担を少なくする事で余裕のあるときには繰り上げ返済をしていくようにすればダイレクトに元金を減らす事もできますし、10年の予定で組んでももっと早くに完済することが十分可能なのです。

おまとめローンというのは多重債務者にとってたいへん救いとなるローンなのですが、やはり金融機関側にとってもリスクのある融資ですし審査がどうしても厳しくなってしまいます。

しかし、利用できなければどんなにいいローンでも意味がありません。自分はおまとめローンの審査は厳しいかも…というのであれば、アイフルのおまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

Posted in: 融資
タグ:

 

キャッシングを低金利で利用するには?

2015年1月24日
管理人

お金を借りた場合には、利息を支払わなくてはいけません。

よくテレビドラマで、高い金利で貸付され、強引に取り立てを行うシーンが登場しますが、最近のキャッシングの金利は、非常に良心的なものです。

それでもできるだけ低い金利で利用したいと考えるのは、当然のことでしょう。

現在、キャッシングの金利は利息制限法により上限が定められています。借入金額により15%〜20%以下となるように制限されています。

これに対し、下限金利は一ケタ台の先が多くなっています。ローン会社は、上限金利と下限金利に一定額の幅を持たせているのです。

利用者が借りる場合の金利は、借入額やその人の信用度によって審査により決定されます。実際にいくらの金利で借りることができるのかは、審査の結果を見なくてはわかならないのです。

多くの場合には、最下限金利が適用されることはほとんどなく、適用金利は、上限金利に近いものになります。

そこで、できるだけ低金利で利用したいと考えた時には、上限金利の低い先に申込むことが必要になってきます。

かといって、複数の先に同時に申込むと、場合によってはブラック債務者とみなされることもあります。

できるだけ多くの情報を入手し、上限金利の低い先で申込むようにしましょう。金利の低い先としては、銀行系の会社を挙げることができます。

ただし金利が低いほど、審査基準がきびしい傾向にあります。自分の収入等と比較しながら、無理のないような先を選び出すようにしましょう。

 

楽天銀行を持っているならアコムのキャッシングが便利

2015年1月20日
管理人

多くの消費者金融が銀行グループに属しています。それにはかつてのグレーゾーン金利による過払い金の返還資金などさまざまな背景がありますが、利用する私たちにとって銀行グループの子会社であることにマイナス要素はありません。

むしろ大きな資金源を持つようになった消費者金融は安心をまし、さらには銀行との連携によって使い勝手さえ増すようになりました。アコムもその一つです。

消費者金融を利用するときには大手消費者金融から選択するのは第一条件です。名前も知らない消費者金融を利用することなど危険極まりないもの、闇金融の可能性すらあります。

そのため大手消費者金融から選ぶことになりますが、現在の大手消費者金融はいずれもサービスが充実しています。

特にプロミスとアコムではどちらも30日間無利息サービスを行うなど高いレベルのサービスがあり、どちらを選ぶべきなのか迷いが生じるものです。

そんなときには持っている銀行口座によって考えてみるというのも一つの方法でしょう。

楽天銀行口座を持っているのであればアコムで活躍します。インターネットバンキングからの返済は手数料無料であり、楽天銀行もその対応銀行の一つです。

24時間いつでも反映されるインターネット返済は、ぜひ使っておきたい返済方法でしょう。そして借り入れにも役立ちます。

振込キャッシングは消費者金融の特徴的なサービスでもありますが、消費者金融の銀行口座から利用者の銀行口座に借り入れ金額が振り込まれる方法です。

ご存知の通り銀行営業時間だけが対応となるものでありそれ以外の時間では振込は予約として扱われます。振込キャッシングでも同じことです。

24時間振込キャッシングの受け付けはしていますが、対応されるのは銀行営業時間内だけのことであり土日祝日は終日対応をしていません。

ところが楽天銀行口座を振込キャッシングの指定口座にすると24時間365日いつでも振込キャッシングを受けることができます。振込キャッシングの依頼をしたときが受け取るときです。

これからキャッシングを利用しようというとき、持っている銀行口座が楽天銀行であればアコムで活躍するでしょう。

 

消費者金融からの督促を無視するとどうなりますか?

2015年1月19日
管理人

お金がない……。そんな時に簡単にお金を借りる融資を受けることができる便利な消費者金融。銀行の長期ローンと違い、審査も迅速に行われ、うまく行けば最短で即日融資も可能です。こんな便利なサービスはありません。

長期的にお金を貸すことが目的でない消費者金融は、その分利子も高めに設定されていますが、早く返せば、それほど負担になることはないはずです。

しかし、延滞や滞納を繰り返せば、利子がかさむどころか、遅延損害金を請求されたり、一括返済を求められることになります。

延滞や滞納をした場合には、すぐに電話での請求が掛かってきます。1日でも遅れればそれは、延滞になり、電話の督促は覚悟しましょう。

それを無視すると、督促はどんどんエスカレートしてきます。始めは携帯に掛かってきた電話も自宅や会社にも来るようになります。

消費者金融が各会社名を名乗ることはないといいますが、個人の名前で、「電話を掛け直すように伝えて下さい」と言ってくるそうです。直接要件を言わず、ただその伝言を伝えてほしいと言われれば、家族や同僚は不審に思うでしょう。

そうした督促も無視すると、電報を送ってきたり、実家にも電話をしたりします。そして、最終的には直接取り立てに来るでしょう。

こんな行為はホントにやめてほしいと思いますよね。でもお金を返していればこうした督促を受けることはないのです。

お金を借りたら必ず返すのが当たり前です。それができないのであれば、始めから借りるべきではないのです。借金をする前にはよくご検討ください。

Posted in: 融資
タグ:

 

お金を借りたいときは

2015年1月17日
管理人

お金を借りたいときは、身内や友人に借りることを最初に考えますが、お金を簡単に借りるにはキャッシングの利用を考えるのもひとつの方法です。

身内や友人からお金を借りることはトラブルの原因にもなり、お金の貸し借りで不仲になったというのもよくある話で、身内や知人以外に国や役所で借りることもできますが、それらを利用するには条件が厳しく、短期で借りて短期で返すといった一時的な利用には向いていません。

簡単で誰にも迷惑をかけない方法として、消費者金融を使った方法や銀行カードローンを利用する方法があります。

キャッシングの申込方法も今ではインターネットの普及でパソコンやスマホ、携帯などから24時間365日いつでも申込ができますし、審査に通ればすぐに口座へ振込をしてもらえることや自動契約機でカードの発行してもらい、それを使って現金を引き出すこともできます。

キャッシングは、日常生活でうまく利用できればいざという時に大変役に立つアイテムですがキャッシングの怖いところは、慣れてしまうとお金を借りることににマヒしてしまい、銀行のキャッシングカードと同じ感覚で借りてしまうことや、借りたら何とかなるだろうといった無計画にお金を借りてしまうことがありますが、キャッシングでお金を借りると金利を払わなければならないということを念頭に置き、借りる前には返済計画をたてて、借りるにしても「絶対に余分なお金は借らない」という意識を持つことが重要です。

 

消費者金融の取り立てとは実際どうなのか?

2015年1月14日
管理人

急にお金が必要になった時に即日対応できたり、スマホやネットでカードローン 即日審査申し込み可能といった手軽さから、消費者金融の利用者は増加傾向にあります。

しかし、消費者金融に対してマイナスのイメージを持っている方も多いようです。その理由として、取り立てが厳しいというイメージが強いかもしれません。

取り立てとは、返済が滞った時に消費者金融から行なわれるアプローチのことです。借りたお金を返済するというのは社会人として当然果たすべき責任ですが、その責任が果たされないときには消費者金融側としてもそれなりの対応をしなければならなくなります。

大手の消費者金融と、中堅・小規模の消費者金融では取り立ての方法が異なるようです。大手の消費者金融の場合、返済期日を過ぎても支払いを確認できなかった時、まず電話連絡が入るのが普通です。

その際には「お支払い予定日が過ぎていますが、今月はいかがでしょうか?」といった丁寧な対応がされます。

中堅・小規模の消費者金融は支払いの遅れにとても敏感で、本人と連絡がつくまで何度も連絡してくるようです。なぜなら消費者金融の経営は金利と手数料の回収により成り立っています。その資金が回収できなければ経営に影響が出るため、支払いの遅れに敏感になるのです。

返済日に確実に支払うのが一番ですが、もし何らかの理由で支払いが遅れそうな時は消費者金融に連絡を入れるのが良いでしょう。返済が遅れる理由と、いつなら支払えるかを事前に連絡をしておくなら、数日間の遅れに関しては理解を示してくれるかもしれません。

 

消費者金融に人気がある理由


管理人

キャッシングでキャッシング 即日融資に人気が有る理由として、一番に挙げられるのがなんといっても審査が通りやすく、審査時間が短時間であるということで、日常生活で急にお金が必要になったときでも、カードが1枚あればいつでもすぐに借りられたり、契約をしていれば本の数分で口座への振込もしてもらえます。

消費者金融のキャッシングの申込方法は、以前は店舗窓口や無人契約機からの申込が主流でしたが、最近はインターネットを利用した申込方法に人気があり、24時間どこからでも申込が可能で、店舗に出向いたり書類を郵送したりする必要もなく、融資を受けるまでの手続きが簡素化されています。

また審査で必要な書類、本人確認書類の免許証や保険証、パスポートなどの提出も携帯カメラで画像保存し、画像をメールに添付して送付する方法が利用でき、在籍確認が取れると契約になりま、申し込んだその日のうちに融資が受けられるスピード融資も可能になっています。

また無利息サービスをおこなっているところもあり、初回申込時に一定期間の利用には金利がかからないといったお得なサービスもあり、給料日前に借りて給料日には返済するといった短期利用では元金返済をするだけでよく、金利を払わなくてもよいといったサービスがあります。

返済方法も会員登録をすれば、口座振り込みも可能で、提携銀行からの振込みなら銀行の営業時間に関係なく振込が反映されるといった、申込みから返済まで利用者の立場にたったサービスが人気の理由といえるでしょう。

 

Older Entries »